金貨投資のリスク

地金型金貨を利用した投資は、必ず利益を得ることができるとは限りません。金相場は日々変動しており、相場が下落しているときに金貨を売却すると収支はマイナスです。ただ、相場が下がっているあいだは保有しておいて、上がってくるのを待てば大丈夫でしょう。また、少額の投資であれば、相場が下がっても大きな痛手にはなりません。この気軽さが金貨投資の魅力のひとつといえるでしょう。

金貨また、金貨には傷を付けないようにくれぐれも気をつけましょう。金貨は損傷すると価値が失われて、買取価格が低下してしまいます。これは車の買取査定時に車が損傷していると査定額が安くなってしまうことと同様です。ただ、この点に関しても、金貨の種類によって1枚ずつ保護容器に入っている金貨もあります。また、金庫に入れておくなど、傷が付かないようにする対策はいろいろあります。小銭のような雑な扱いをしなければ、傷が付いてしまうような心配はまずないといえるでしょう。

自分の収入のほとんどを投資用金貨の購入に充てるようなことをしていると、金相場の変動で大きな損失が生じることもありますが、このような極端な投資のしかたをせず、保管に注意していれば、金貨を利用した投資は低リスクではじめて続けていくことができるものです。潤沢な資金がないという方も、まずは安価で軽量な金貨1枚からはじめてみてはいかがでしょうか。

Pocket